My Name Is Lucifer

ブログトップ

<   2017年 02月 ( 68 )   > この月の画像一覧

異なる視点による見解(改)

b0335295_09052831.png
- 空しい空手。-

僕は柔道をやっている

リーゼントの美しい彼女を、

殴った。

そしたら、リーゼント達が絡んできたんだ。

色々あって、彼女だけが残った。

彼女を掴んで、殴った。

色んな女たちの顔が浮かんで。

二次元、三次元、四次元、問わず。

イメージのラスト、マリアが、「ごめんね」と言った。

だから、憂さ晴らしに、彼女を殴った。

しかし、すり抜けた。

「うう・・・うう・・・」

空しさは、空に。

零すのは、虚しいから。

泣き続けた。顔を覆って。

彼女は、救急車と警察を呼んだ。

しかし、僕はビクともしなかった。

雨が、何日もやまず、

洪水が起きていた。

軽い津波も。

僕は、歩き出した。

すると、傘を持った少女がいた。

僕は、すり抜けた。

彼女がなにか僕の周りをウロつき、

言っているようだった。

そして、彼女が僕の右耳に。

「先生!」

と、叫んだ。

きーんっ、て、耳鳴りがした。

彼女は、田中マリアだった。

「元、ね。」

僕は、そう返す。

「ごめんね。」

またそれか。

「誰だっけ。」

彼女の全身に、モザイクがかかっている。

ジリリッと。

雨だからだろうか。

分からないけれど。

彼女は、僕を抱く。

傘をさしたまま。

「あたしのお家に
お招きましましょうか?」

僕は彼女の家に。

久しい感じだ。

彼女は、1人暮らしをしていた。

「1人で住むには広すぎるんですよ、此処。」

なんなら、1家が住めるくらいだ。

「先生、脱いでください。」

彼女は、僕を脱がす。

僕は、全裸になった。

「あんな雨にさらされてたのに。」

僕は濡れていない。

全く。

服だけだ。

服は、拾ったものだから。

破けてもいた。

バトルアニメでもないし、

派手にやらかしたら全裸不可避だ。

「僕はバリアに守られているんだ。」

それは、虚勢による空気だ。

「そうなんですか。」

彼女は、僕を抱いた。

「あたしには張らなくて良いんですよ、そのバリア。」

僕のバリアを、彼女のアンチバリアが侵食する感覚がある。

飽く迄も感覚にすぎないけど。

「先生、あたしを覚えていないのね。」

「誰?」

「先生の、生徒ですよ、元、なのですけれど。」

気がつけば、

僕は、彼女と寝ていた。

彼女も、全裸だった。

「先生、乳首も男根もないのですね。」

ああ、ねむい。

「さむい。」

すると、彼女が僕の顔を

彼女の胸に埋める。

「温めてあげます。人肌で。」

すると、色んな幻聴が消えた。

「先生は一人じゃあないのです、あたしが守りますよ。」

すると、僕から、男根が生えた。

虚しさは、ムラ付きに変わる。

「先生・・・ビンビンじゃあないですか・・・」

・・・・・・

・・・


・・・

・・・・・・

ヤッた。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-27 03:06 | Comments(1)

普通(Zero)

b0335295_09052831.png
- 慎(シン。-

世界から、

慎くんのような存在が、

0人または0匹となった。

それは、慎くんの予兆だった。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-26 03:54 | Comments(0)

(無人としてのシンちゃんと人間としてのシンちゃんが対決するのね?)

sin
[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-24 17:42 | Comments(0)

生きるデス。

『画面の前の慎様が抜けるよう、せいぜい頑張りマスよ。』
sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-24 15:07 | Comments(0)

虚勢町(こせのまち)

b0335295_09052831.png
- 慎(シン。-

現実でいう、巨勢町にあたる、

虚勢町。

僕は、そこに住んでいた。

南翔太郎や巨司百馬と違い、

家族を洗脳したりしてない。

僕が住んでいた事から、

四万十は零ともよばれていた。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-24 01:00 | Comments(1)

最終回(?)

b0335295_13472975.jpg
- 慎(シン。-
慎は、夢の世界に居た。
慎:アイツはどうなった。
『アイツは、きっと、
アナタが崩した世界を、丸く収めたんですよ。』
糸・・・売。
sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-23 19:17 | Comments(0)

数人(その名の通り、数字にまつわる人種。)

「七五三十五、
九十九十九、
一十一、
僕は七五三十五氏派。」
七五三十五の先祖は、7531号らしい。
七五三十五は、75310号。
sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-23 15:59 | Comments(3)

リア獣。

b0335295_13472975.jpg
- 慎(シン。-

横浜。

死亡したのは、葉山美和。

路上で弾き語りをしていた。

いずれ売れた筈だけど。

慎:ふん。

彼女には、巨大な引っかき傷があった。

最近、世界で「BATGAY」が目撃されている。

しかし、リア獣は、非リアを食い物にするはず。

どうやら、リア獣は慎君に怯え、

リア充を食い物にし始めたらしい。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-22 02:36 | Comments(0)

因果は無実。

b0335295_09052831.png
- 慎(シン。-

キョーコやヒイロは、

僕が思うに、

ヒロインらしすぎた。

だから、0れた。

「ひーちゃん。」

僕は、霄城緋色(ヒイロ)に祈る。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-21 20:14 | Comments(0)

彼ぬ姓わ

b0335295_09052831.png
- 慎(シン。-

僕は、転校生だった。

しかし、担任教師による虐待をうけていた。

彼の名は、坂本銀八。

「君、ゲームの女の子なんかと付き合って楽しい訳?」

と、坂本。

「ええ、楽しいです。」

「これオッサン達が作った、ただの機械だよ?」

「どんな美少女もオッサンの精子ありきですよ。」

いや、オッサンという限りはないだと、

みたいなヤボなヤジは、分かって無い。

オッサンと言われたから、オッサンと報いたのだ。

sin

[PR]
by ipreferlucifer | 2017-02-21 17:41 | Comments(0)